旅行

0歳・4歳と行く!リゾナーレ熱海は高いだけの価値があるのか?感想をまとめます。

第二子が生まれてから6ヶ月。そろそろ初めての旅行に行きたい。

でも二人の子連れは移動が大変だから、ホテル内でたくさん遊べるところがいい。。。

そう思って探して見つかったのが「リゾナーレ熱海」です!

リゾナーレ熱海は星野リゾートのグループホテルで、家族向けのアクティビティが多数あるとして有名。

せっかくなので3泊4日で泊まることに!

今回の記事では以下の2点をまとめました。

  • リゾナーレ熱海のメリットデメリットは?
  • リゾナーレ熱海に3泊4日した感想は?

それでは、参りましょう!

リゾナーレ熱海のメリットデメリット

まずはリゾナーレ熱海に行って感じたメリットデメリットをお伝えします。

  • 子供や乳児が遊べるアクティビティが室内にもたくさんある
  • 雨の日でも室内で遊べる
  • ホテル以外に移動しなくても楽しめる
  • ご飯のレベルが高い
  • 部屋が綺麗
  • 哺乳瓶の無料消毒洗浄サービスあり
  • ベビーベッド無料貸し出し
  • スタッフの対応がいい
  • 添い寝なら子供料金なし(食事は別途かかる)

メリットはホテル内で遊べるので、親が子供を連れて色々外出しなくていい点です。

観光地でも子供を連れて回るのってかなりの重労働。

ホテル内で遊べるのは楽ですし、雨の日でも助かります

また、哺乳瓶の無料消毒サービスやベビーベッドの貸し出しは助かりました。

  • ランチの提供はしていないのでランチはホテル外に出る必要あり
  • ディナーが料金に含まれていない
  • ディナーがビュッフェでも大人6,000円・4歳以上の子供3,000円かかる
  • アットホーム感はなし
  • ホテル料金が高めの設定

せっかくホテルでゆっくりできると思ったら、リゾナーレ熱海ってランチの提供をしていないんですよ!泣

ランチは外に出ないといけないのが面倒でした。

また、ホテル料金が高いにも関わらずディナー料金は含まれていません

ディナーのことも考えると予算オーバーになることもありそうです。

 

リゾナーレ熱海に3泊4日口コミレビュー

それでは次に実際にリゾナーレ熱海に泊まって感じた感想をお伝えします。

リゾナーレ熱海へ向かう1日目

新幹線でリゾナーレ熱海へと向かいます。

道中も子供二人だと大変。。ミルクを作ったり、上の子の相手をしたりと忙しかったです。w

熱海駅に到着すると、無料の送迎バスが迎えにきてくれます。

バスの運転手さんもいい人でした。

 

絶景ラウンジがお出迎え

山を登ってホテルにとうちゃーく。

ラウンジからの景色も絶景です。

ホテルのラウンジにはぶら下がってゆらゆら揺れているこれ↓があって、早速子供は遊んでいます。

チェックインが済むとお部屋へ。

テラススィートのお部屋は見晴らし抜群

私たちが今回利用したのはテラススィートのお部屋です。

中に入ると青いカーペットで海を感じます。

子供もふらふらー。

目の前に広がる海。

広ーい窓を開けると、テラスでリラックスできます。

お風呂もオーシャンビューです。

家族で入るにはちょっと狭いかな?

トイレも綺麗。

コーヒーセットも置いてあって地味に嬉しい。

畳スペースには子供が遊べるブロックもありました。

ベビールームではないのに、このようなサービスがあるのはありがたいです。

ディナーはめっちゃレベル高いビュッフェ。さすが6,000円です。

リゾナーレ熱海にはディナー付きプランはありません。

ディナーは別料金で払います。

ディナーは和料亭かビュフェかで選べるのですが、和料亭は12,000円から。

安い方のビュッフェ6,000円を迷わず選びました。笑

それでも、6,000円って高いですよね。

ちなみに子供料金(4歳以上)は3,000円です。

我が子は4歳になったばかり。一瞬「嘘ついて3歳って言えばいいんじゃないの?」という悪魔の囁きが聞こえましたが、ぐっと我慢して3,000円を払いました。

ビュッフェは品数も多く大満足。

私の好きなモクモクファームの一歩上を行くクオリティのものが多かったです。

子供もめっちゃがっついています。

ただ、もうビュッフェで元をとれるほど食べることはできないので、3泊ともディナーはビュッフェじゃなくてもいいかなって感じです。

食べすぎてちょっと胃もたれ。(自己責任)

 

無料で貸し出してくれるベビーベットで赤ちゃんはおやすみ

赤ちゃんにはベビーベットが無料で貸し出してくれます(台数限定)

私たちと長女はベットで眠り、赤ちゃんはベビーベットですやすやでした。

また、哺乳瓶を無料で洗ってくれるサービスもあってめっちゃ助かりました。

 

2日目:リゾナーレ熱海のアクティビティを堪能

2日目はリゾナーレ熱海のアクティビティを堪能しました!

朝ご飯はビュッフェスタイル

朝ご飯はビュッフェスタイルで、洋食と和食のメニューがあります。

どれも本当にクオリティが高かった。

いやー、今まで食べたビュッフェの中でもトップクラスは間違い無いです。

ただ、ビュッフェって母は取りに行くのが大変なんですよね。

あんまり落ち着いて食べられない。。。

 

食後の長女はボールプールに夢中

ホテル内には子供の遊べるスペースがいくつかあり、中でも長女はボールプールが大好きでした。

そり?みたいなものを使って赤ちゃんを乗せてみたり、ボールプールを投げてみたり、楽しそう。

ホテル内で遊べるのって本当助かります。

 

砂のブックカフェは最高!子供が遊んでいる間に親は休憩

高層階では砂を敷き詰めたブックカフェがあります。

センスの良い本が無料で読めるし、子供は裸足で砂で遊ことができます。

ただ、コロナの関係で手を使って遊ぶのは推奨されていません。

我が子は足で砂を掘っていました。笑

めっちゃ居心地がいいベットで、赤ちゃんと親は休憩です。

ベットに横たわりながら長女を見れるので最高の環境でした。

 

晩御飯はテラスでピクニックディナー

晩御飯は熱海駅付近のレストランでテイクアウトをして、ホテルのテラスで食べました。

やっぱり外で食べるご飯って最高です。

見晴らしも抜群なので贅沢。

 

3日目もリゾナーレ熱海のアクティビティは続く

リゾナーレ熱海のアクティビティはまだまだ続きます。

室内プールをエンジョイ!

リゾナーレ熱海には室内プールもあります。

水着の貸し出しもしてくれます。

我が家は水着は持参していったので、無料の浮き輪を借りました。

パパと一緒に長女は楽しそう。

赤ちゃんと私はプールサイドで二人の様子を見ていました。

 

森の中のツリーハウスでイースターハント

リゾナーレ熱海にはホテル内にツリーハウスがあります。

そのツリーハウスのアクティビティでイースターハントを行うこともできました。

確か500円ぐらいだったと思います。

我が家は可愛くイースター仕様に飾られたツリーハウスの森エリアをのんびり楽しみました。

こんなふうに伊達メガネや花飾りでインスタ映えする写真も撮れます。

ツリーハウス自体は「遊べる」って感じではなく、見るだけです。

最終日の4日目は熱海の海へ

最終日の4日目は熱海の海に行ってきました。

そこそこ綺麗で、5月だったので人もいません。

熱海駅側の駅ビルに入っている百均で砂場セットを買って、お砂場遊び。

まぁ近所の公園とやってることは同じです。笑

結論:子連れには最高のホテルです

リゾナーレ熱海は室内アクティビティが充実しているのでホテル内で遊び尽くせます!

子連れの方にぜひおすすめしたいです。

ご飯も抜群に美味しいのでおじいちゃんおばあちゃんも誘って3世代で来ている方も結構見かけました。

今回の旅行の料金

泊数: 3泊

人数:大人 2 名 、3歳以下 2 名
部屋名:テラススイート【和洋室】

料金:
2022/05/23  大人 ¥32,150×2 名 3歳以下 ¥0x2 名
2022/05/24  大人 ¥31,150×2 名 3歳以下 ¥0x2 名
2022/05/25  大人 ¥30,150×2 名 3歳以下 ¥0x2 名
1室合計: ¥186,900

合計:  ¥186,900
クレジットカード決済: ¥186,900

お食事:朝食付き

今回はテラススィートで止まったのでちょっと料金は高めですが楽天トラベルで予約すると、楽天ポイントもガッツリ貯まりますよ。笑

リーズナブルなお部屋もたくさんあるので、比較してみてくださいね。