子育て

【イヤイヤ期が耐えられない】ギャン泣きする2歳の娘をスーパーで置き去りに!?

我が家の娘は絶賛イヤイヤ期中。

服は着たくない。

靴は履きたくない。

お風呂は絶対はいらない。

野菜はポイっ。

それでも、今日まで一生懸命頑張ってきました。

でも、今日は精神崩壊しました。

 

なぜかというと、

  • 昨日一人暮らしの父が給湯器詐欺にあい、貯金がなくなったと連絡あり。
    →明日、緊急で実家に帰らないといけない
  • 今日は生理1日目で調子が悪い
  • 雨で公園にも行けず朝からイライラの娘

という最悪な背景状況があったからです。

 

雨の中出かけると言い出す

今日はかなりの雨。

父の給湯器詐欺が心配で仕方がない。

体調が悪いのは「父が心配だからかな」と思っていたら生理がきた。

 

こんな状況の中でも、娘は外に出かけたいというのでカッパを頑張って着せて外に出かけました。

最初の3分は外の散歩を楽しんでいる娘。

「お、いい感じじゃん。イオンまで歩いていけるかも。」

と思ったのもつかの間。

「抱っこー」が始まりました。

 

13kgの娘を雨の中抱えてイオンへ

「抱っこー」という娘を必死に説得しながら、30mほど抱っこせずに歩きました。

でも、ぐずる娘の顔がだんだんマジになってきて、ついに大声をあげ始めました。

そこで、泣く泣く抱っこをすることに。

傘をさしながらの抱っこだったので、何度も落ちそうになる娘を必死に抱えながらスーパーへ。

その間も娘は「ギャー」とか言ってかなり不満そう。

 

こっちは死にそうになりながら、抱っこしてあげてるのに何が不満なの!?

 

もう、ここに置き去りにしてもいいですか?

 

チラチラ見てる人。ほんと、うざい。

 

もう、私が泣きたいわ!!!

 

精神崩壊レベル30%でスーパーに到着

なんとか表面上は冷静を保ちながらスーパーへ。

でも、内面はイライラの炎が燃えたぎっています。

「せっかくきたのだから」と思い、欲しかったバターを買いに行こうとすると、

 

娘がエレベーターの方を指して「あーーー!!!!」と訴えています。

 

まぁ、バターは後でいっか、と思い用もないのに2階へ。

 

百均に行くも、頑として商品を離さない娘

用もないのに百均に到着。

はぁ。

 

もういい。

 

無になろう。

 

ガンジーだって無になって、あの仙人みたいなレベルに達したじゃないか。

 

そう思ったのもつかの間。

 

娘が勝手に掴んだ商品のスプーンをカジっている!!!

 

マジか。

この瞬間ガンジーが吹っ飛びました。

 

「だーめ、これは買わないやつでしょ。」と言ってスプーンを離そうとしても、

 

「ギャー!!!」

 

だめだ。いつもなら、こんなことぐらいなんてことないのに、心のイライラが止まらない。

 

 

精神崩壊レベル40% エスカレーターの上り下りが始まる

なんとか百均のおままごとセットとスプーンを交換。

結局おままごとセットを買うことになりました。

 

その後娘はエスカレーターを見つけて、私の手を引っ張りながら

「ウゴッ!あーーー!!!」

と意味不明な宇宙語で訴えかけてきます。

 

そう、あの無駄なエスカレーターの上り下りの始まりです。

3階から地下一階に降り、地下一階からまた3階まで登り、また降り‥

 

 

精神崩壊レベル80% 行くところもないのにスーパーを彷徨う

もうイヤだ。

帰りたい。

 

でも、玄関に向かおうとすると、ギャン泣きで娘が応戦。

 

そこで、また無駄にスーパーの中にある無印良品などのお店を回ることに。

その間もなぜか娘は不機嫌。

 

なんで?

 

あなたの思うとおりにしてるじゃん。

 

なんで?

 

なにが不満なの?

 

こんなに私は我慢してるのに。

 

私なんて明日、給湯器詐欺を解決しに行かなきゃ行けないんだよ?

超不安なんだよ?

あなたは何もしなくていいのに!

 

精神崩壊100% ギャン泣きする娘をカートに残して歩き去る

もういい。

これ以上、スーパーを歩き回れない。

足が限界だ。

 

雨の中を抱っこして帰ろう。

 

そう思って、玄関に向かいました。

 

すると娘は「ンギャー!!!」

と叫んで、カートを降りようとしません。

 

「わかった。じゃあ、ママ行くね。」

 

と言って、私は玄関の先の方へ。

 

ちょうど娘が見えるか見えないかの限界のラインに立って、ただ呆然と娘を見ていました。

 

娘は泣き止んだものの、まだカートを離れようとしません。

 

そして1分が経過。

 

歩いて行く人が娘を心配そうに見ています。

 

そりゃそうだわな。

親がいないんだから。

 

娘を回収し、大雨の中抱っこをして帰る

私は娘の元に戻り、泣き叫ぶ娘をカートから引き摺り下ろしそのまま抱っこして、傘をさし、雨の中へ。

もう、傘なんて上手にさせないから、数秒でずぶ濡れです。

泣く娘を抱っこしながらの横断歩道。

車からみんながずぶ濡れの自分と娘を冷めた目で見ている気がして、力を振り絞って早歩きで渡ります。

 

しばらく経つと娘は泣くのをやめましたが、私は傘をさしながら13kgの娘を抱えて歩くのが限界に。

 

「もう、降ろしてもいい?」

 

そう聞くと、娘は「ギャー!!」と泣いて私にしがみつきます。

 

私も我慢できずに叫びそうになる

もう私だって、泣きたいんだから!!

わざと苦しそうな声を出して、娘にママが大変だって気づいてもらおうとします。

 

でも、そんな演技、2歳の娘が気付くはずもありません。

 

頑張れ自分!

 

あと、5分で家に着くぞ!

 

ようやく、家が見えてきました。

イオンから自宅までは15分ぐらいなのに、永遠に感じられた15分でした。

 

家に着くと、娘はケロっとしているものの、私は瀕死状態

家に着くと娘は何事もなかったかのように、テレビを見ています。

私はもう一歩も動けず、ソファーにぐったり。

 

最近は娘の嫌がることも分かってきて、これほどのギャン泣きをさせていなかったので今日のが余計堪えました。

 

こんなに娘に冷たくする自分を心底嫌いになり、

もうこんなママ、嫌だよね。

大っ嫌いになったよね。

 

と思っていたので、意外にケロっとした顔で私に笑顔を向けてくる娘に拍子抜け。

周りのママがすごいうまく子育てしているように見えて、私なんて全然ダメだって毎日思ってしまいます。

 

この記事は「私だけが大変な思いをしてないんだ」って誰かに思ってもらえたら、、、と思って書きました。

PS給湯器詐欺の件は、明日実家で真相を確かめます。

また結果は後日報告しますね‥(遠い目)

 

1年後、自分がこの記事を読んで、「あぁ、あんな日もあったな。」と懐かしい気持ちになってくれたらいいな。